ケイデンヘッド ウエアハウス・テイスティング 1999 ブナハーブン 19年

¥19,800

利用可能数:1 在庫あり

原産国:スコットランド

地域:アイラ

蒸溜所:ブナハーブン

蒸溜所稼働状況:稼働中

タイプ:シングルモルトウイスキー

容量:700ml

アルコール度数:49.2%

カスクタイプ:ホグスヘッド

蒸留年度:1999年

ボトリング年度:2019年

その他の特徴:未加水、ノンチルフィルタリング、カスクストレングス、シングルカスク


--

キャンベルタウンのスプリングバンク蒸溜所内にあるケイデンヘッドの倉庫での試飲参加者のみが入手可能なシングル・カスク・ストレングスのブナハーブン 19年です。

 

<テイスティングノート>

ノーズ:色は金色で、ノーズはバター、ナッツ、ワックス、マジパンのアロマが豊富な上質の伝統的なスコッチのプロフィールを提供します。 ピート香は非常に軽く、スパイスとタンニンを含む木の香りが、背景にあります。 完全に開くには時間がかかりますが、後に印象的に成長します。

パレット:味は、甘くフルーティー、ハチミツ、ナッツの風味が重なっており、スパイス、ワックス、淡いピートの香りが時間をかけて補っていきます。 非常にバランスが良く、完璧な口当たりです。

フィニッシュ:最初の口当たりは温かく、わずかにな胡椒を感じます。 フィニッシュはミディアムからロングで、最後にマジパンとペッパーのスパイス感が追加されます。

 

<ブナハーブン蒸溜所について>

 

ブナハーブン蒸留所は、1881年にアイラ島のポートアスケイグの近くに設立されました。そのためその近隣は蒸溜所で働く人々が暮らすブナハーブン村となりました。 現在は南アフリカのディステル社がブナハーブン蒸留所を所有しています。

ブナハーブンの特徴としては、ノン・ピートのマイルドなシングルモルト・アイラ・ウイスキーで、その味はアイラ島の他の蒸留所のウイスキーとは大きく異なります。

 

<ウイリアム・ケイデンヘッド について>

 

スコットランドで最も古い独立したウイスキーボトラーの1つ。

インデペンドボトラーのケイデンヘッド は、アバディーンで1842年に設立されました。 現在は、キャンベルタウンのスプリングバンク蒸留所の所有者であるJ.&A. Mitchell and Co.が所有しています。 ラムやジンも取り扱っていますが、シングルモルトウイスキーに特化しています。

 

 


 

*写真のカラーは、出来る限り現物の色に近くなるよう調整していますが、光の反射、モニターの見え方により実物とは多少異なって見える場合がありますので予めご了承ください。